上宮の秋 上宮保育園の風景
数枚を春・夏・秋・冬ごとに
更新掲載します。
   
     『マツバボタン』
 
マツバボタン(松葉牡丹)は、
スベリヒユ科の一年草。
葉も茎も肉質。

夏から秋にかけて、
紫・紅・ピンク・白・黄・
だいだい色など
色とりどりの
牡丹を小さくしたような
鮮麗な五弁花を、
日中だけ開きます。

学名を
ポルチュラーカ(Portulaca)と
言いますが、これは
ラテン語で門を意味する
ポルチュラに由来します。

花が朝開き、夜に閉じる様が
門を彷彿とさせることから
この名がついたと考えられます。

多肉質で貯水能力が高く
高温と乾燥に対して非常に強く、
旱魃(かんばつ)にも
衰えを見せないことから
『日照草』(ひでりぐさ)とも
言われます。

また、爪で茎を切って
挿し木しても、
すぐに根付くことから
『爪切草』とも言われ、

年々種が零(こぼ)れて
新たな花が
生えだしてくるので
『不亡草』(ホロビンソウ)
とも言われます。

2020年9月2日
 
 
 
 
 【バックナンバー】(過去の写真が見れます。)  平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度
このページのTopへ
ホーム 理念・方針 一日の流れ 年間計画 施設紹介 運営情報 わんぱく便り 竹んこだより 給食だより アクセス
Copyright (C) 2016 社会福祉法人 上宮福祉会 上宮保育園. All rights reserved.