上宮の秋 上宮保育園の風景
数枚を春・夏・秋・冬ごとに
更新掲載します。
   
  『秋の蝶』
 
10月1日、
園庭の花壇に蝶が
蜜食に
やってきていました。
 
立秋を
過ぎてから見かける蝶の
ことを『秋の蝶』と
言います。
 
春や夏の蝶に
比べるといくらか弱々しい
印象を受けます。
 
晩秋に
なるとその数もめっり
少なくなります。
 
 ますぐには飛びゆきがたし秋の蝶  
             阿波野青畝
 山麓や黄ばかり多き秋の蝶 
             有馬籌子
 あきの蝶日の有るうちに消えうせる 
             暁台
 
蜜食に
やってきていたのは、
『ツマグロヒョウモン』
(褄黒豹紋)と
いう蝶。
 
メス(1番目の写真)は、
羽の先端部が黒地で
白い帯が横断し、
ほぼ全面に黒色の斑点が
散ります。
 
オス(最後の写真)は、
全体がオレンジ色のヒョウ(豹)柄で
羽の先が
黒くなっていません。
 
2020年10月2日
 
 
 
 【バックナンバー】(過去の写真が見れます。)  平成28年度 平成29年度 平成30年度 令和元年度
このページのTopへ
ホーム 理念・方針 一日の流れ 年間計画 施設紹介 運営情報 わんぱく便り 竹んこだより 給食だより アクセス
Copyright (C) 2016 社会福祉法人 上宮福祉会 上宮保育園. All rights reserved.